ホーム > コンテンツ文化史学会について > コンテンツ文化史学会会則

コンテンツ文化史学会会則

第1条 本会は、コンテンツ文化史学会と称する。
第2条 本会はコンテンツ文化史の学術的研究を目的とする。
第3条 本会は、第一条の目的を実現するために、次の活動を行う。

  • 大会・例会・総会の定期的開催
  • 会誌『コンテンツ文化史研究』の編集と発行
  • その他、本会の目的を達成するために必要な活動

第4条 会員は、本会の活動に参加することができ、会誌の配布をうける権利をもつ。本会の目的に賛同し、入会を希望する者は、委員会の承認をへるものとする。
第5条 本会の会員は一般会員、学生会員、賛助会員とする。
第6条 会員は、年額一定の会費を納入する。
第7条 会員は次の事由によってその資格を喪失する。

  • 退会
  • 死亡または団体等の解散
  • 除名

第8条 会員で退会しようとするものは事務局に退会の連絡をしなければならない。ま た、本会の名誉を著しく傷つける、もしくは本会の活動目的に反する行為があった場合、長期にわたって会費を滞納した場合は、会長および委員の判断で除名とする。
第9条 毎年一回定期的に大会を開催する。大会は個別報告・講演会・シンポジウムなどの研究報告と総会を行う。総会は前年度の活動の総括と新年度の活動方針を決定し、委員を選出する。特別の案件があれば、委員会は、臨時総会を招集することができる。
第10条 本会の運営のため、数名の委員を置く。委員は、全責任をもって、この会の活動を推進する。委員の任期は一年とし、重任をさまたげない。
第11条 本会の経費は、会費、事業収入、刊行物の売上げ収入、寄付金その他によってまかなう。
第12条  本会の会計年度は毎年11月1日に始まり、翌年10月31日に終わる。
第13条  本会の事務局は、〒990-9530 山形市上桜田3-4-5 東北芸術工科大学吉田正高研究室とする。
第14条  会則の変更は、委員が提案し、総会の承認を得なければならない。
第15条  本会則は2009年4月1日より施行する。

ホーム > コンテンツ文化史学会について > コンテンツ文化史学会会則

サイト内検索
RSSフィード

Return to page top