ホーム > 学会誌案内 > 投稿規定

投稿規定

会員の皆様からの投稿をお待ちしております。

1 : 原稿種別

本学会誌に投稿する原稿は、コンテンツ文化史に関する学術的な研究論文、研究ノート、書評、参加記等であり、その種類と文字数は以下の通りとする。いずれも未発表のものとする。

  • 論文
    コンテンツ文化史に関係のある学術的な研究成果、新しい試み・方法やその成果を明確に記述したもの。新規性・信頼性が認められ、コンテンツ文化史研究の発展に役立つものや将来の方向性を示すもの。20,000字程度。
  • 研究ノート
    コンテンツ文化史に関する学術的・実践的な研究成果、新しい試み・方法やその結果、意見、提案、討論等を記述したもの。12,000字程度。
  • 書評
    コンテンツ文化史に関係のある図書の書評。4,000字程度。
  • 参加記
    コンテンツ文化史に関する学会、国際会議、シンポジウム等の参加記。4,000字程度。

以上のうち、論文、研究ノートについては、「査読付き論文」としての審査を行う。

2 : 投稿の資格

投稿することができるのは、本会の会員(一般会員・学生会員)とする。共著の場合は第一著者は会員でなければならない。ただし、編集委員会による依頼原稿の場合は別とする。

3 : 執筆要項

執筆要項の詳細に関しては本誌掲載および、以下の執筆要綱を参照のこと。

コンテンツ文化史執筆要綱(Wordファイル・ダウンロード)

4 : 投稿原稿の取り扱い

投稿者は、原稿種別を指定して投稿する。

  • 投稿原稿の審査は本学会の編集委員会が行い、掲載の可否を決定する。
  • 論文、研究ノートに関しては担当編集委員、査読委員の審査に基づき、編集委員会で次のいずれかに取り扱いを決定する。
    • 採録:投稿原稿のまま掲載
    • 条件付採録:掲載に必要な要件を満たさない部分を指摘し、修正要件を満たした場合にのみ掲載
    • 返戻:掲載水準に至らないか掲載要件を満たしていない論文として、掲載せず著者に戻す

5 : 著作権

  • 本学会誌に掲載された論文の著作権はコンテンツ文化史学会に帰属する。
  • 採録後の掲載原稿について、著者自身による学術教育目的等での利用(著者自身による編集著作物への転載、掲載、ウェブサイト・オンラインツール等を通じての送信、複写しての配布等)を、学会は無条件で許諾する。著者は学会に許諾申請をする必要がない。

6 : 投稿方法

  • 投稿は、郵送または本学会ウェブサイト所定の投稿フォームにて受け付ける。
  • 郵送の場合は、本学会ウェブサイトおよび本会誌に記載されている事務局宛で、封筒に「投稿原稿在中」と明記し、印刷した原稿と電子ファイル(MS-WORD)を送付すること。
  • 本会ウェブサイトの投稿フォームからの場合は、以下のページから電子ファイル(MS-WORD)を提出すること。論文投稿フォーム

7:投稿締め切り

  • 投稿締め切りに関しては以下のように定める。ただし、査読の進捗や修正期間によって前後する。
  • 毎年5月末締め切り→10月末発行予定の学会誌へ掲載
  • 毎年11月末締め切り→翌年4月末発行予定の学会誌へ掲載

8 : 著者贈呈・抜き刷り

  • 論文・研究ノート著者には、『コンテンツ文化史研究』を1件につき5部贈呈する。書評・参加記・その他に関しては1部を贈呈する。
  • 論文、研究ノートが掲載された場合、著者は抜き刷りを実費相当額で購入できる。詳細については、別途連絡する。

*以上の執筆要綱は2009年4月に成立したものに、総会での可決を受けて2010年11月20日(第1条)に改正を加えたものである。

ホーム > 学会誌案内 > 投稿規定

サイト内検索
RSSフィード

Return to page top