ホーム > ブログ > 鶴岡サムライシルク「Kibiso」映像コンテンツ完成!!

鶴岡サムライシルク「Kibiso」映像コンテンツ完成!!

大会へのご参加、ありがとうございました!
会長の吉田です。

さて、私も参加しております山形県鶴岡市を舞台に、
地域振興を目指す「鶴岡kibisoブランド認知向上プロジェクト」
が制作した映像コンテンツが完成しました!

すでにyoutubeにアップされておりますので、
是非ご覧ください!
watch?v=LlSjJoRdS6c

なお、エンドロールの私のクレジットが
「大学教育機関責任者」という
ヘビーな感じになっている点は
お許しください(笑)

kibiso(キビソ)とは、蚕が繭を作る時、はじめにだす
糸のことです。鶴岡では明治維新以降、絹織物の
生産が地域を挙げて行われてきましたが、
その副産物として生まれたのが「キビソ」です。

かつては廃棄されていたキビソですが
現在では鶴岡織物工業協同組の皆さまの
御尽力により、希少価値の高い商品として
活用されるまでになってまいりました。

なおキビソの詳細につきましては、
下記のHPをご参照ください。
http://kibiso.jp/muscat2/
本プロジェクトでは、そのような
キビソの魅力を、より多くの方々に
認識していただけるよう、お手伝いを
してまいります。

また、本プロジェクトに関連した
公開講座を東北芸術工科大学の私の
講義の中で実施しております。
山形市近在にお住まいでご興味の
ある方は是非ご参加ください。
スケジュールは以下のとおりです。

■講義スケジュール
毎週月曜日 Ⅲ限(12:30-13:50)
場所:東北芸術工科大学本館3階306教室
①11/1  ガイダンス 担当教員 吉田正高
②11/15  シンクタンク報告:㈱QPR 清田智氏
③11/29  経済産業省 商務情報政策局 メディア・コンテンツ課 森田僚氏
④12/6  地域プロデューサー報告:鶴岡織物工業協同組合 大和匡輔氏
⑤12/13 コンテンツ・ビジネスプロデューサー報告 ㈱ファンワークス・高山晃氏
⑥12/20  クリエイタ―報告① 平林勇氏×岩井天志氏による対談
⑦1/17  映像製作に参加した学生による報告
⑧1/24  クリエイタ―報告② ㈱パンタグラフ

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.contentshistory.org/2010/12/01/881/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
鶴岡サムライシルク「Kibiso」映像コンテンツ完成!! from コンテンツ文化史学会

ホーム > ブログ > 鶴岡サムライシルク「Kibiso」映像コンテンツ完成!!

サイト内検索
RSSフィード

Return to page top