ホーム > ブログ > 「コンテンツと記憶」に向けて その5

「コンテンツと記憶」に向けて その5

明日になりました。コンテンツ文化史学会2012年大会が15日・16日と2日間にかけて開催されます。

http://www.contentshistory.org/2012/11/12/1254/

ぜひ、ご参加ください。当日になって急に時間ができたので、参加したくなったという方は、事前登録なしでそのまま受付に来てください。

初日はブログでも書きました「場所と記憶」というシンポジウムだけではなく、「いまいち萌えない娘」でお馴染みのいまもえ制作委員会・ディレクター矢野正樹さんに制作秘話をお話いただくことになっています。そう、「萌え」とは何かという根源的な点を今一度我々に考えさせてくれた「いまもえ」は、萌えの記憶という点で非常に重要なキャラクターに違いありません。

2日目は同じくブログに書いてきました「コンテンツとアーカイブ」のシンポジウムとともに、おにたまさんによる特別講演がございます。ソフト開発で著名なおにたまさんですが、アーケードゲームを中心とした昔のゲームの歴史についても非常に詳しい方です。活動の一端は以下のページより、ご覧いただけます。

http://onitama.tv/obsweb/pcb.html

その他、両日に渡って、自由論題・テーマ論題と様々な発表がございます。ぜひ、ご参加ください。それでは、登壇者の皆様も、参加される皆様も、委員の皆様も会場でお会いしましょう。

小説 いまいち萌えない娘

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.contentshistory.org/2012/12/14/1283/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
「コンテンツと記憶」に向けて その5 from コンテンツ文化史学会

ホーム > ブログ > 「コンテンツと記憶」に向けて その5

サイト内検索
RSSフィード

Return to page top