ホーム > イベント・大会 > コンテンツ文化史学会2014年大会「コンテンツと歴史認識」のお知らせ(第一報)

コンテンツ文化史学会2014年大会「コンテンツと歴史認識」のお知らせ(第一報)

コンテンツ文化史学会では来る11月22日(土)・23日(日)に2014年大会「コンテンツと歴史認識」を開催いたします。参加に関しては例年と同じく事前参加登録を行います。サイトが出来ましたら、告知いたしますので、お待ちください。

○趣旨説明

コンテンツ文化史学会では、2012年度大会で「コンテンツと記憶」、2013年度第一回例会で「コンテンツと歴史」をテーマとし、コンテンツの持つ歴史性について検討を重ねてきた。2014年度大会では従来の研究を批判的に継承し、「コンテンツと歴史認識」をテーマとして、さらなる議論の深化をはかりたい。
現在、国家間の歴史認識の齟齬は世界各国で問題化している。日本・中国・韓国の東アジア三国をめぐる歴史認識問題のみならず、パレスチナとイスラエル、ロシアとウクライナ・バルト三国など、世界の至る所で歴史認識に端を発する国際問題が引き起こされている。このように、きわめて現代的な問題であるにも関わらず、しかし、かかる現状に対し、歴史認識の問題について最も責任を負うべき歴史学者の努力は実を結んでいるとは言い難い。
その一因として、現代社会において研究者によって明らかにされた歴史像が、人々の歴史認識にどのようにして影響を与えているのか、という観点に十分な注意が払われていないことを挙げることができよう。歴史研究の成果は、書籍・テレビ・ネットなどのコンテンツを通じることで、人々の中に受容されていく。そのため、実証的、理論的な人文科学研究の成果と、人々の間で理解されている「歴史認識」との間には大きな断絶がある。
今大会のテーマである「コンテンツと歴史認識」においては、従来の研究では看過されがちであった、このコンテンツの持つ、科学的、実証的研究と、人々の持つイメージとを橋渡しする機能に注目し、人々の歴史認識に影響を与えている「コンテンツ」の実態とその影響力について検討を加えたい。
この問題を検討することは、単に文化史の問題を明らかにするにとどまらず、現在の国際的環境の改善への糸口を示す一助ともなりうることが期待できよう。大会参加者の積極的な議論を期待したい。

【概要】

○大会テーマ

コンテンツと歴史認識

○開催日

2014年11月22日(土)23日(日)

○場所

東海大学高輪キャンパス4号館4304教室
http://www.u-tokai.ac.jp/about/campus/takanawa/

○参加費

非会員・両日:2000円
非会員・1日のみ:1000円
会員:500円(両日・1日のみともに)
学生:無料。両日参加可能!
懇親会費は参加費とは別途お支払いいただきます。

○タイムスケジュール

11月22日(土)

9:30~10:00 総会

10:00~10:30
牧 和生(青山学院大学経済学部)
「コンテンツとホスピタリティ―共存・共栄のコンテンツ文化を目指して―」

10:30~11:00
戸田千速(東京大学大学院教育学研究科)
「シンガポールの私企業系大学におけるコンテンツ教育」

11:00~11:30
飯塚邦彦(吉本たいまつ)(成蹊大学非常勤講師)
「地方同人誌印刷所の競争力」

11:30~12:00
檀 朋美(京都大学人間環境学研究科)
「「関係的な生きづらさ」をオタクの人間関係から捉える試み
―「コミュニケーション不全症候群」の視点から―」

(昼休み)

13:00~13:30
神谷和宏(苫小牧市立和光中学校教諭)
「ポピュラーカルチャーと二次創作―二次創作生成の過程とその特徴についての考察―」

<シンポジウム>「東アジア各国における歴史認識とコンテンツ」
司会:辻大和(学習院大学)

<シンポジウム特別講演>
13:30~14:00
中澤義晴(ジェトロ) 「中国のメディアコンテンツ政策と日本コンテンツ」

14:00~14:30
白井美友紀(字幕監修者)「ドラマが伝える朝鮮の歴史」

<休憩>

<シンポジウム>14:45~16:15
堀内淳一(皇學館大学准教授)「中国人の歴史認識とテレビ歴史劇及びその周辺」(仮)
木村 拓(横浜国立大学非常勤講師)「韓国の歴史認識における「中華」の位置ー「九義士」を事例にして」
玉井建也(東北芸術工科大学専任講師)「時代小説とファンタジー-剣豪イメージの変容と受容-」(仮)

16:30~17:30
総合討論

18:00~ 懇親会

11月23日(日)

10:00~10:30
横えび(石川をぷよぷよで染める会)
「ぷよぷよ通一九九四~二〇一四―AC通の栄光と孤闘―」

10:30~11:00
伊福 覚志・中川 譲(日本映画大学)
「アニメレイアウトの史的変遷」

11:00~11:30
廣瀨 涼(日本大学大学院商学研究科)
「東京ディズニーランドにおけるチケットの変遷について
―チケットのペーパーレス化が日本にもたらすこと―」

11:30~12:00
張梅(香港大学現代言語及文化学院)
「蒼井そらの中国での受容と中国の若い人たちのアイデンティティ」

(昼休み)

13:00~13:30
出口弘(東京工業大学)
「地獄草紙のカリカチュアとしての勝絵―勝絵に見る日本型コンテンツの文化史―」

13:45~15:15
<シンポジウム>「コンテンツ文化史研究を世界に拓く ―ヨーロッパ・アメリカ編」
司会:柳原伸洋(東海大学専任講師)

マティアス・ファイファー(静岡県立大)「通俗化への怖れ ―ドイツのコンテンツ文化とファシズムの関係」
河野至恩(上智大)「ポップカルチャー翻訳・受容の重層的な理解へ向けて——『All You Need Is Kill』英訳・映画化の事例から」
北本かおり(講談社)・原基晶(東海大)「『チェーザレ』をはじめとした漫画のヨーロッパ展開について(仮)」

15:30~17:00
総合討論

○2014年コンテンツ文化史学会大会実行委員会

実行委員長:柳原伸洋(東海大学)
顧問:出口弘(東京工業大学)
委員:飯田幸次郎(デザイナー)
委員:板垣貴幸(IGDA日本)
委員:井上明人(立命館大学)
委員:大橋正司(デザイナー)
委員:岡本健(奈良県立大学)
委員:樺島榮一郎(相模女子大学)
委員:こさささこ(クリエーター)
委員:小山友介(芝浦工業大学)
委員:佐藤寿昭(東京大学大学院学際情報学府博士後期課程)
委員:高橋勝輝(編集屋)
委員:玉井建也(東北芸術工科大学)
委員:中川譲(日本映画大学)
委員:中村晋吾(早稲田大学高等学院非常勤講師)
委員:七邊信重(一般財団法人マルチメディア振興センター)
委員:藤原正仁(専修大学)
委員:堀内淳一(皇學館大學)
委員:山口晶子(上智大学大学院)
委員:山中智省(滋賀文教短期大学)
委員:吉田正高(東北芸術工科大学)

○共催

2014年度学習院大学東洋文化研究所一般研究プロジェクトA14-2「東アジア各国における歴史認識とコンテンツ」

ホーム > イベント・大会 > コンテンツ文化史学会2014年大会「コンテンツと歴史認識」のお知らせ(第一報)

サイト内検索
RSSフィード

Return to page top