Home > Archives > 2013-08

2013-08

コンテンツ文化史学会2013年第2回例会「テレビ文化の歴史と表象としての少女-「魔法少女」をめぐって-」のお知らせ(参加登録開始)

コンテンツ文化史学会では、来る9月7日(土)に2013年第2回例会「テレビ文化の歴史と表象としての少女-「魔法少女」をめぐって-」を開催いたします。参加ご希望の方はお手数ですが参加申込フォームよりお申込みください。

【2013年9月3日追記】多数の申込ありがとうございました。会場の都合により参加申込を停止させていただきます。

 

コンテンツ文化史学会2013年第2回例会「テレビ文化の歴史と表象としての少女-「魔法少女」をめぐって-」

今年はテレビ放送開始60年およびクリィミーマミ30周年という記念すべき年になります。そこで本学会では、テレビ文化の歴史において欠かすことの出来ない「少女」像を検討すべく例会を開催いたします。特にドラマやアニメにおいて数多く描かれ、そして現在に至るまで放送されている「魔法少女」を中心に取り上げることで、その歴史性や社会性などを追究していきたいと考えております。
評論家として活躍されている氷川竜介氏、ライトノベル作家であり「魔法少女」研究を行われている大橋崇行氏、そしてゲームクリエーターであり、アニメ評論の場でも活動されている三宅陽一郎氏をお招きし、さらには一般発表としまして、今泉友介氏、中澤拓哉氏の投稿を受け付けました。歴史的な側面から現在の「魔法少女」に至るまで多面的な議論が行われることを期待いたします。

日時:

2013年9月7日(土) 12時半開場、13時開始

場所:

学習院大学 西2号館305号室
http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html

参加費:

500円(会員は無料)

参加申込ページ

http://www.contentshistory.org/event_entry/
会場の都合により参加人数が限られます。多数のご参加申込の場合は打ち切らせていただく可能性がございます。こまめに学会ウェブサイトをご確認くださいますよう、お願い申し上げます。なお終了後に懇親会開催を予定しております。こちらもあわせてご参加ください。

【2013年9月3日追記】参加申込多数により停止させていただきました。ご了解ください。

司会:

吉田正高 (東北芸術工科大学)

登壇者:

氷川竜介(評論家)
大橋崇行(岐阜工業高等専門学校、ライトノベル作家)
三宅陽一郎(ゲームAI研究者)
吉田正高(東北芸術工科大学)

一般発表

今泉友介(国際基督教大学大学院)「魔法少女 パロディから王道へと至る」
中澤拓哉(東京大学大学院)「魔法少女は偽史を紡ぐ-『ストライクウィッチーズ』における歴史の取捨選択」

タイムスケジュール

13:00-13:10 趣旨説明
13:10-13:50 第一報告(今泉報告)
13:50-14:30 第二報告(中澤報告)
14:30-14:40 休憩
14:40-15:20 登壇者発表
15:20-16:00 登壇者発表
16:00-16:10 休憩
16:10-17:10 総合討論

当日はラウンドテーブルの形式を取る関係上、タイムスケジュール通り進行しない場合がございます。
ご注意いただければ幸いです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

コミックマーケット84参加のお知らせ

下記の要領でコミックマーケット84に参加いたします。お近くに御寄りの際は足をお運びください。頒布物は『コンテンツ文化史研究』8号が中心となります。

【日  時】 2013年8月11日(日)
【場  所】 東京有明ビッグサイト
【サークル名】 コンテンツ文化史学会
【配  置】 東地区 O – 04 a
【頒 布 物】 『コンテンツ文化史研究』2・3・4・5・6・7・8号、2012年大会予稿集
【価  格】 『コンテンツ文化史研究』各2000円、予稿集500円
【搬 入 数】 各10〜30部ほど

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

『コンテンツ文化史研究』8号発行のお知らせ

発行が遅くなりご迷惑をおかけしておりました『コンテンツ文化史研究』8号ですが、今月中に会員の皆様のお手元に届きます。今少しお待ちいただければ幸いです。

『コンテンツ文化史研究』8号目次

自由投稿論文

山口晶子「アニメイベントにおける体験の共有—最終回上映会ライブビューイング参加者へのインタビューから—」
玉井建也・吉田正高「一九七〇年代初頭における自主制作アニメの取り組みと文化的状況—『つるのすごもり』をめぐって—」
高橋みちな「ライブという場の現代的様相とその機能に関する探索的研究—Twitterで繋がるお笑いオーディエンスの事例から—」
クラマー羽奈江「芥川光蔵と満鉄映画班」

特集:コンテンツとファッション-装いの文化史をめぐって-

青木淳子「雑誌『皇族画報』にみる近代皇族ファッションのイメージ—軍服とドレス」
渡辺明日香「<ファッション>のオルタナティブとしてのストリートファッション」

書評

牧 和生「書評岡本健『n次創作観光 アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』」
川﨑瑞穂「書評濱野智史『前田敦子はキリストを超えた——〈宗教〉としてのAKB48』」

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2013-08

サイト内検索
RSSフィード

Return to page top