【1月30日追記】コンテンツ文化史学会 2023年度大会のお知らせ

※1月30日分までの媒体でご後援いただいている公益財団法人徳島県文化振興財団の表記が誤っておりました。大変申し訳ございませんでした。1月30日以降のものは訂正済みです。

 本年度の大会は三重県伊勢市の皇學館大学で1日目シンポジウム、2日目見学会(伊勢神宮参拝)の予定で開催いたします。
【1日目】シンポジウムでは『刀剣乱舞』の聖地巡礼の場としても有名な神社の神職2名と伝統芸能の担い手であり啓蒙活動をしているNPO法人徳島能楽振興会の理事の計3名をお迎えし、これまでの活動やその想いについて報告して頂き、今後こうしたコンテンツとのコラボが伝統文化の維持・継承にいかなる可能性をもち得るのか考えていきます。
【2日目】の見学会は伊勢神宮の外宮と内宮を参拝します。
内宮の参拝では、個人ではなかなか参拝する機会が少ない「御垣内」といわれる一般の方々が参拝しているところよりも正殿に近いところで参拝をします。
皆様のご参加をお待ちしております。
詳細は下記のとおりです。


▶シンポジウムテーマ
伝統文化とコンテンツ
~ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』との関わりを通じた伝統文化の維持・継承~
参加者用・事前質問フォーム

▶登壇者(発表内容は予定)
藤森 長正  氏(藤森神社 宮司)
 「鶴丸国永」がもたらした神社への影響について
石原 和香子 氏(荘内神社 禰宜)
 「信濃藤四郎」とのコラボレーション企画への参与について
里  由起子 氏(NPO法人徳島能楽振興会 理事)
 平成30年5月開催「マチ★アソビ能狂言公演」における『刀剣乱舞』コラボについて
中山 千里  氏(皇學館大学大学院研究生)
 『刀剣乱舞』が神社・伝統芸能へ与えた影響について(通史的に俯瞰)

▶開催日時
2024年3月9日(土)➡シンポジウム 13時30分~17時30分
      10日(日)➡巡見【伊勢神宮内宮・外宮参拝、赤福(銘々箱)付き】
【シンポジウムスケジュール】
13:30〜 会長挨拶
13:35〜 学長挨拶
13:45~ シンポジウム開始
13:45~14:15  中山 千里 氏(皇學館大学大学院研究生)
(5分)
14:20~14:50  里 由起子 氏(NPO 法人徳島能楽振興会 理事)
(5分)
14:55~15:25  石原 和香子 氏(荘内神社 禰宜)
(5分)
15:30~16:00  藤森 長正 氏(藤森神社 宮司)
―休憩(15分ほど)―
16:15~17:15  総合討論・質疑応答
17:20~ 閉会の辞

【巡見スケジュール】
10時   伊勢市駅集合、外宮へ移動、参拝
11:30 内宮着、御垣内参拝
12:30 宇治橋前解散(予定)

▶開催方法
対面・オンライン(ZOOM)
▶開催場所
皇學館大学(三重県伊勢市) 4号館431教室キャンパスマップ
     【皇學館大学へのアクセスはこちらをご参照くださいアクセスマップ

▶後援
神道学会(皇學館大学)、NPO法人徳島能楽振興会、公益財団法人徳島県文化振興財団(あわぎんホール)


▶参加費
●会員:無料→ 参加登録

非会員はこちらPeatix申込ページ
シンポジウムのみ(対面・オンライン):1000円、巡見希望者は2000円
※対面・オンラインどちらの参加方法でもアーカイブ配信付き(5月末まで視聴可能)

皇學館大学の学生、院生、職員は参加費無料・申し込み不要です(対面限定、受付で学生証をご提示ください)
※アーカイブ配信をご希望の方は有料参加をお申し込みください。

※巡見ご希望の方
内宮では御垣内参拝を行います(御垣内参拝について
服装規定が守られない場合は参拝ができませんので予めご了承ください。
男性はスーツ、女性はスーツに準じるフォーマルな服装でお願いします。靴については  足元が不安定な場所がありますのでカジュアル過ぎない色のスニーカーであれば大丈夫です。服装についてご不安な場合はこちらへお問い合わせください(コンテンツ文化史学会お問い合わせ)。

▶【開催趣旨】
コンテンツ文化史学会では2023年度大会において「伝統文化とコンテンツ」と題してパネルディスカッションを開催する。
 まず、コンテンツ文化史学会の指す「コンテンツ」とはメディア上で展開されるアニメ・マンガ・ゲーム・映画・テレビ・音楽・ネットといった様々なものを指すが、このコンテンツの受容者は1つのコンテンツジャンルのその範疇でのみ受容しているわけではない。通常はアニメとマンガ、音楽とゲームなど、複数分野のコンテンツを一括して享受している。そうした現状を踏まえ、本学会では様々なコンテンツタイプを統合的に考察することを第一の目的としている。現状、聖地巡礼などのコンテンツツーリズムの研究において社寺や伝統芸能の担い手に焦点を当てた研究は少ない。そのため今回のシンポジウムでは、コンテンツのコラボレーション相手である「伝統文化の継承者たち」に焦点を当てていきたい。
 昨今アニメやゲーム、ドラマなどの舞台となり、ファンたちが「聖地巡礼」として神社や寺に訪れる現象が話題となり、地域活性化の起爆剤として期待される傾向がみられる。氏子や檀家など旧来の支持基盤がゆらいでる社寺においては、この来訪者たちに新たな伝統宗教の担い手としての期待を持つ一方、「来てもらった」ことを自身の社寺の将来にいかに結びつけてゆくかというビジョンを持つには至っていないといえる。一方、伝統文化の維持・継承者という観点から見れば、歌舞伎・能・狂言などいわゆるハイカルチャーの分野も、社寺と悩みを共有しており、これらの芸能も旧来の担い手とその支持層を主体とし現状に行き詰まりが感じられている。そのため近年では若者を主体に新たな客層と後継者の開拓が狙われ、多様なコンテンツとのコラボレーションが試みられてきた。しかし、新しい客層に「来てもらう」ことが、業界の課題解決と将来のありかたどのように関係させられ得るかという点については、まだ模索中であるのが現状である。
 そこで、今回はコンテンツとのコラボを行うこれら「伝統文化の継承者たち」にこれまでの活動やその想いについて報告して頂く。次いで今後、こうしたコンテンツとのコラボが伝統文化の維持・継承にいかなる可能性をもち得るのか、議論を行ったのち、コンテンツと伝統文化のこれからについて考えてゆきたい。


▶大会の宣伝用のチラシデータです。
配布・掲示用にご自由にお使いください。
カラータイプ・白黒タイプがございます。
※内容は同じです。

コンテンツ文化史学会2023年度例会について【10/1追記】

皆様、大変お待たせいたしました。
例会の概要につきましては下記の通りとなります。

▶日時:10月14日(土)10:30~16:00
▶会場:近畿大学 東大阪キャンパス 
    アカデミックシアター3号館(ナレッジフィールド)3階 304教室
    3号館の3階、304教室にお越しください。近畿大学館内MAP

▶参加費(登録方法についてはこちら 参加登録)
     〇会員:無料、非会員:500円
     〇近畿大学の学生、院生、職員は参加費無料です(対面限定)

▶開催方法:対面、オンライン(ZOOM)

【当日スケジュール】
10:00~   開場
10:30~10:40 開会あいさつ

10:40~12:30 シンポジウム
       ●テーマ:ゲームのコンテンツ文化史的研究(概要
       ●登壇者
        松井 広志 氏(愛知淑徳大学 創造表現学部 准教授)
        毛利 仁美 氏(立命館大学 衣笠総合研究機構 客員協力研究員)
        川﨑 寧生 氏(立命館大学 ゲーム研究センター 客員協力研究員)
        岡本 健  氏(近畿大学 総合社会学部/情報学研究所 准教授)

12:30~13:30 お昼休憩

13:30~14:00 中山 千里 氏 「俳優をめぐる「記念」事業の一考察―所沢市北野天神社における左卜全奉納刀剣をめぐって―」

14:05~14:35 山中 智省 氏 「ライトノベルツーリズムが担う〝ビジュアル・エンターテインメント〟の補強と拡張―『千歳くんはラムネ瓶のなか』×「チラムネ福井コラボ」の事例から―」

14:40~15:10 永田 大輔 氏 「「声優」の職業社会学をめぐる試論――メディア史と「経験」という観点から」

15:15~15:50 永井 健太郎 氏 「「ウルトラマン」シリーズにおける開発の表象―支配的価値観への抵抗として―」

15:50~16:00 閉会あいさつ


報告の予稿集こちらからダウンロードできます。

2023年度例会・シンポジウム開催のお知らせ

コンテンツ文化史学会2023年度例会において下記の内容でシンポジウムを開催いたします。

同日、同所にて自由論題報告も行います。(募集終了)

時間・開催場所の詳細については9月中に公開予定です。

参加をご希望の方は後日発表される参加応募方法に則ってご応募ください。

▶開催日:2023年10月14日(土)

▶開催場所:近畿大学 東大阪キャンパス

▶開催方法:対面・オンライン併用

テーマ:ゲームのコンテンツ文化史的研究

▶登壇者

    松井 広志(愛知淑徳大学 創造表現学部 准教授)

    毛利 仁美(立命館大学 衣笠総合研究機構 客員協力研究員)

    川﨑 寧生(立命館大学 ゲーム研究センター 客員協力研究員)

    岡本 健 (近畿大学 総合社会学部/情報学研究所 准教授

概要

 今、デジタル、アナログを問わず、そして、さまざまな場面で注目を集めるゲーム。実務や研究の視点からはもちろん、大学教育においても無視できない存在感になってきています。図書館や学校などでの教育活用のあり方や、社会全体の資産としてアーカイブをどうするかといった問題も取り沙汰されています。

 こうした背景から、本シンポジウムでは、ゲーム文化の研究を行う4人の研究者が、「ゲームの歴史」にかかわる研究成果を披露するとともに、ゲームのコンテンツ文化史研究の今と今後のあり方を考えます。

コンテンツ文化史学会 2023年度例会 開催・報告募集のお知らせ【8/14追記】

コンテンツ文化史学会2023年度例会の開催が決定いたしました。

今回は自由論題報告を関西エリアでの開催となります。

詳しい時間、教室などにつきましては現在調整中です。

詳細が決まり次第、学会HP、Twitter(X)でお知らせいたします。

例会の詳細につきましては下記をご参照ください。

▶例会のお知らせ

日時:10月14日(土)

場所:近畿大学 東大阪キャンパス

開催方法:対面もしくはオンラインでの口頭発表(選択可)

申し込み締切:2023年9月15日(金)

採否:9月下旬

▶研究発表の種類と時間

研究発表は以下の2種類があります。

両方ともに、対面もしくはオンラインでの口頭発表になります。対面かオンラインを選択できます。(申し込みの際、明記してください)

■自由論題発表

■自由論題発表(企画セッション)

・発表時間は質疑応答を含めて一人30分程度といたします。
・発表申込は1人につき1種類、1報告のみです。
・なお「企画セッション」としての申込も可能です。一つのセッションの司会者・発表者をまとめた上で代表者が応募してください。

▶申し込み方法

・発表申込は本学会会員に限ります。連名で申し込む場合は第一発表者が会員である必要があります。
・報告を希望される方は、所属機関・氏名・報告論題・発表原稿(2000字以上)を2023年9月15日(金)必着でウェブサイトの投稿フォームよりお送りください。
※投稿フォーム: http://www.contentshistory.org/journal/contribution_form/
採否は、9月下旬にご連絡いたします。
・なお投稿される発表原稿は本学会の執筆要綱に準拠いたします。執筆要綱を守られていない場合は受け付けませんのでご注意ください。

投稿規定 | コンテンツ文化史学会 (contentshistory.org)

コンテンツ文化史執筆要綱(Wordファイル・ダウンロード)
・採択された原稿は、参加者向けオンライン配布の予稿集PDFファイルに掲載いたします。

コンテンツ文化史学会2022年度大会のお知らせ(3/4更新)

(3/4)中川報告の要旨を追加しました。

2023年3月4日(土)にコンテンツ文化史学会2022年度大会が開催されます。
皆様のご参加をお待ちしております。

〇日時:2023年3月4日(土)13時15分~17時30分
〇場所:場所:皇学館大学現代日本社会学部六本木サテライトおよびオンライン(Zoom)開催
(東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズハリウッドビューティープラザ10階 → 7階706教室に変更になりました!)
※コロナ対策と会場の規模の都合により、会場参加は会員のみで先着20名に限定させていただきます。
〇参加費:会員:無料、非会員:500円

〇申し込み方法

会員:2/21発送のニューズレター67号にてご案内しています。

非会員:Peatixにてご案内します。こちらからチケットをご購入ください。後日、購入者閲覧ページで配信URLを確認できます。

https://contentshistory2022t.peatix.com

〇タイムテーブル
13:15~ 会長挨拶

<自由論題報告>
13:30~ 中川譲「コロナ禍後の若年層の行動変容~大学生のオンライン教育状況意向大規模調査データから考える」

中川報告要旨

14:10~ 永田大輔「二つの「オタク」イメージとビデオの「特殊」な利用――映像視聴の文化社会学に向けて」

(休憩)

15:00-17:30

<シンポジウム「コンテンツとコミュニティ」>
コロナ禍以後は、教育や職場のみならずコンテンツの様々な創造と受容の環境にも大きな変化が訪れた。対面のイベントは長期間にわたって「不要不急」とされ、開催が見送られてきた。コンテンツもオンライン環境とどのような形で共存していくかが、いま改めて問い直されている。コンテンツ文化史学会2022年度大会(2023年3月開催)では、急激な環境変化へ緩急剛柔の対応を取ってきた関係者や検討してきた識者を招き、特にコミュニティの継続性と発展性に焦点を置いて専門家や関係者と共に考えていく場としたい。

趣旨説明(中川譲)
【登壇者】
・三崎尚人(同人誌生活文化総合研究所主宰)
・杉山怜美(慶應義塾大学大学院)
・藤井純(株式会社エイシス社長)
・砂守岳央(作曲家・作家・国際オタクイベント協会アドバイザー)

コンテンツ文化史学会2022年度大会報告募集のお知らせ

コンテンツ文化史学会では3月4日(土)に2022年度大会を開催いたします。

〇開催日:2023年3月4日(土)

※午前・午後など開催時間の詳細は、報告数次第となります。

〇場所

皇学館大学現代日本社会学部六本木サテライトおよびオンライン開催を予定
(東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズハリウッドビューティープラザ11階)

〇研究発表の種類と時間

研究発表は以下の2種類があります。両方ともに、対面もしくはオンラインでの口頭発表になります。対面かオンラインを選択できます。

・自由論題発表
・自由論題発表(企画セッション)

・発表時間は質疑応答を含めて一人30分程度といたします。
・発表申込は1人につき1種類、1報告のみです。
・なお「企画セッション」としての申込も可能です。一つのセッションの司会者・発表者をまとめた上で代表者が応募してください。

〇発表申込方法

・発表申込は本学会会員に限ります。連名で申し込む場合は第一発表者が会員である必要があります。
・報告を希望される方は、所属機関・氏名・報告論題・発表原稿(2000字以上)を2022年2月17日(金)必着でウェブサイトの投稿フォームよりお送りください。
※投稿フォーム: http://www.contentshistory.org/journal/contribution_form/
・採否は、2月24日(金)までのなるべく早い時期にご連絡いたします。
・なお投稿される発表原稿は本学会の執筆要綱に準拠いたします。執筆要綱を守られていない場合は受け付けないのでご注意ください。
・採択された原稿は、参加者向けオンライン配布の予稿集PDFファイルに掲載いたします。

コンテンツ文化史学会2022年度例会のお知らせ(10/20追記)

 新型コロナウイルス感染症の蔓延が数年に及んだ結果、オンラインでの研究会が主となりましたが、大学院生などの新進の研究者と中堅・ベテラン研究者の交流の機会は減少しました。本会は交流促進のため、来る2022年10月22日(土)に自由論題報告による例会を開催します。

(10/16追記)若林・伊藤報告の追加資料を掲載しました。

(10/19追記)中山報告の追加資料を掲載しました。

(10/20追記)ご登録いただいた皆様に、会場・ZoomのURLをお送りしました。ただ、一名ほどメールが返ってきてしまった方がいらっしゃいます。gt….から始まるメールアドレスで、登録したものの連絡がない方がいらっしゃいましたら、学会のフォームからお知らせください。

概要

開催日:2022年10月22日(土)

場所:東京女子大学 9101教室

タイムテーブル

13:30-13:35 開会挨拶
13:35-14:15 岡田正樹、柴台弘毅 「洋楽インフルエンサーとしてのヴィジュアル系ミュージシャン ―hideとSUGIZOを事例に―」
14:15-14:45 索楡鈞 「地域内下位文化の成長とサードプレイスの関係を論じる― 深圳市市民中心を例えに」
14:45-15:15 若林晃央、伊藤千紗 「現代日本における女子の色の変遷 ―アニメ史に基づく通時的比較研究―」
15:15-15:45 中川晃 「音楽コンテンツにおける消費者行動の変容に関する研究 -多世代間の相違と要因となる因子に着眼して-」
15:45-16:00 休憩
16:00-16:30 永井健太郎 「公害という怪獣―『スペクトルマン』を事例に―」
16:30-17:00 大原尚之 「自然番組は「自然」「科学」「環境」をどう伝えてきたのか ―NHK自然科学番組制作班からの証言に基づいた国際比較―」
17:00-17:30 中山千里 「コンテンツツーリズムにおける「宗教性」について―ゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を事例として―」
17:30-18:00 山中智省 「「物語の解像度」を高めるラノベ聖地巡礼の現在―『千歳くんはラムネ瓶のなか』と「チラムネ福井コラボ」―」

参加登録

 参加費は無料ですが、新型コロナウイルス対策のため、事前登録制とさせていただきます。以下のフォームから参加登録をお願いします。

  登録〆切は10/19(水)24:00までとさせていただきます。

登録フォームはこちらから

予稿集・配布資料

 大会報告の予稿集および各報告の配布資料はこちらからダウンロードできます。当日の配布はありませんので、必要な方は各自プリントアウトをお願いします。

若林・伊藤報告配布資料

中山報告配布資料

コンテンツ文化史学会2022年度例会 報告募集開始のお知らせ

 コンテンツ文化史学会では10月22日(土)に自由論題報告の例会を開催いたします。

 新型コロナウイルス感染症の蔓延が数年に及んだ結果、オンラインでの研究会が主となりましたが、大学院生などの新進の研究者と中堅・ベテラン研究者の交流の機会は減少しました。本会は交流促進のために報告者および企画セッションを募集し、来る2022年10月22日(土)に自由論題報告による例会を開催します。対面とオンラインのどちらでも報告が可能です。コンテンツ文化史に関して、幅広い範囲でのご応募をお待ちしております。

概要

開催日:2022年10月22日(土) ※午前・午後など開催時間の詳細は、報告数次第となります。

場所:東京女子大学およびオンライン開催

研究発表の種類と時間

 研究発表は以下の2種類があります。両方ともに、対面もしくはオンラインでの口頭発表になります。対面かオンラインを選択できます。

  • 自由論題発表
  • 自由論題発表(企画セッション)

・発表時間は質疑応答を含めて一人30分程度といたします。
・発表申込は1人につき1種類、1報告のみです。
・なお「企画セッション」としての申込も可能です。一つのセッションの司会者・発表者をまとめた上で代表者が応募してください。

発表申込方法

・発表申込は本学会会員に限ります。連名で申し込む場合は第一発表者が会員である必要があります。
・報告を希望される方は、所属機関・氏名・報告論題・発表原稿(2000字以上)を2022年9月25日(日)必着でウェブサイトの投稿フォームよりお送りください。
※投稿フォーム: http://www.contentshistory.org/journal/contribution_form/
・採否は、10月4日(火)までのなるべく早い時期にご連絡いたします。
・なお投稿される発表原稿は本学会の執筆要綱に準拠いたします。執筆要綱を守られていない場合は受け付けないのでご注意ください。
・採択された原稿は、参加者向けオンライン配布の予稿集PDFファイルに掲載いたします。

2021年度例会「大石学・時代考証学会編『戦国時代劇メディアの見方・つくり方』(勉誠出版、2021)書評会」開催のお知らせ(3/4 参加申し込みフォーム追記)

コンテンツ文化史学会2021年度例会として、2021年に公刊された『戦国時代劇メディアの見方・つくり方』(勉誠出版)のオンライン書評会を開催いたします。

(3/4 追記)著者コメントに編者の大石学さんが来ていただけることになりました。

こちらのフォームからご登録をお願いします。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdTKV2Pcx7EcW1C9Dcirz1Z8bUrHOfevA7NkSIUei4WHfx88A/viewform?usp=sf_link

例会が近づきましたら、zoomのアドレスなどをお知らせいたします。

—–
大石学・時代考証学会編『戦国時代劇メディアの見方・つくり方』(勉誠出版、2021)書評会:オンライン開催(Zoom)

https://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=101247

日時:3月12日(土)14:30〜17:00(オンライン開催)

14:30~開会挨拶・趣旨説明等
14:40~第一報告:芦辺 拓(作家)
15:20~第二報告:安部玄将(皇學館大学大学院)
16:00~著者コメント:玉井建也(東北芸術工科大学)
16:20~著者コメント:大石学 (日本芸術文化振興会監事、時代考証学会会長)
16:40~ 質疑応答
17:30~ 閉会挨拶

司会:堀内淳一(皇学館大学)